家族葬と一般葬の違い

家族葬と一般葬の違いとは?

最近多くの方から選ばれている家族葬という葬儀のかたち。以下では、家族葬と一般葬との違いをご紹介しています。

家族葬と一般葬の違い

  一般葬 家族葬
参列者 訃報通知書や看板などで告知を出し、多くの方が参列する
【参列者の例】
ご遺族や友人・知人、近隣の方など
特に告知をせず、故人と親しい間柄の方のみが参列する
【参列者の例】
ご遺族やごく親しい人のみ
費用 規模の大きい葬儀となり、料理や設営などに相応の費用がかかる 規模が小さい葬儀となり、料理や設営などの費用が抑えられる
宗教者の有無 宗教者(僧侶など)を招いて、各宗教・宗派での葬儀を執り行う 宗教者(僧侶など)を招かずに無宗教での葬儀を執り行う

葬儀は(株)中日本葬儀社までご相談ください

名古屋で家族葬を行う(株)中日本葬儀社では、葬儀全般を承っています。葬儀のかたちは人それぞれ異なりますので、お話をうかがったうえで最適なプランをご提案します。どういった形式の葬儀を行えばいいのかわからないという方も、遠慮せずいつでもご相談ください。

最近は家族葬を選ぶ方が増えています。プラン詳細はこちら