家族葬とは?

故人を偲ぶ葬儀>豪華な葬儀

一般的なお葬式は、ご遺族や故人の友人や知人、近隣の方など多くの方が参列する儀式です。しかし、核家族化や情報社会化が進む現代においては個人志向が進み、大勢の人を呼んで執り行う形式ではなく、ご遺族や故人とごく親しい人だけで執り行う「家族葬」を選ばれる方が増えてきました。

家族葬とは?

本当に親しい人たちだけで故人を送り出したい

家族葬とは、ご遺族のみ、もしくはご遺族とごく親しい人だけで執り行う葬儀を指します。一般的なお葬式と大きく異なるのは、参列者です。大きな告知をせずにご遺族、そして故人と親しかった人だけで慎ましやかに葬儀を行います。大勢の人を呼んで華美な葬儀を行うのではなく、ご遺族と縁の深い人のみで故人を偲ぶ葬儀が「家族葬」なのです。

家族葬と一般葬の違いはこちら

  • 親しい人だけでお葬式をしたい
  • 医療費の出費が多く、葬儀費用をあまりかけられない
  • 家族だけで葬儀を行いたい
  • 大勢の人が来る葬式ではなく、少人数で故人を偲べるお葬式にしたい