家族葬のポイント~まず考えるべきこと~

家族葬を行ううえで決めておくべきこと

家族葬を行う際のポイントをご紹介します。なお、決めかねる点については、(株)中日本葬儀社までご相談ください。ご遺族と故人のお気持ちを考慮して最適なプランを作りあげていきますので、何から考えればいいのかわからないという方も遠慮なく当社までご連絡ください。

喪主の決定

配偶者もしくは子どもが喪主を務めるのが一般的です。精神的にまいってしまい本来喪主を務める人が役割をはたせない場合もあるので、意思を確認して柔軟に決定しましょう。

葬儀の日程

通夜・告別式の日時を決めましょう。一般的に亡くなった翌日が通夜、その次の日が告別式となります。火葬場の定休日や親族の都合などを事前に確認しておくことをおすすめします。

葬儀会場

ご自宅や公営斎場、民間貸式場などから選びましょう。遠方の方のアクセスを考慮し、高速道路からの距離や駐車場の広さなどを見ておくとよいでしょう。

参列者やご会葬者の予想人数

家族葬の場合、基本的にご参加いただくのはご遺族とごく親しい方のみです。事前にどのくらいの人数になるか予測しておきましょう。

お食事・お香典返し

おもてなしの献立やご会葬のお礼の内容を決めておきましょう。また、辞退される方もいらっしゃるので、数量が変動する可能性がある旨を業者に伝えておきましょう。

演出

故人が好きだった花を使った祭壇や、故人が愛した楽曲の生演奏(オプション)など、故人の趣味を加味した演出もいいでしょう。

葬儀のプラン

ご予算に合わせてプランを検討しましょう。最近では、故人と親しい人だけで慎ましやかに行う安価な家族葬プランや火葬のみのプランなど、費用を抑えた葬儀が選ばれているようです。

生前見積もりについて

ご葬儀プラン